ホーム > インプラントQ&A
インプラントQ&A IMPLANT Q&A

インプラントとは何ですか?

インプラントとは、医学的には生体に人工物を埋め込むことです。歯科治療では、失った歯根の代わりにインプラントを骨に埋め込み、歯根を人工的に取り戻すことを指します。その上に歯冠の代わりになる上部構造を装着すると、自分の歯と同じように機能します。

インプラントのメリットを教えてください。

インプラントのメリットは多く、
◎ブリッジなどと違い、隣の歯に負担をかけないので、残った歯を失いにくい
◎義歯のようにずれたりしないので、よく噛めて違和感が少ない
◎噛み合わせが安定する
◎見た目が自分の歯と変わらずに美しい
◎口の中の環境を、歯を失う前と同じ状態に戻せる
などがあります。
一方で、
●手術が必要 
●自由診療になる
というデメリットもあります

手術にはどのくらいの時間がかかりますか?

お口の状態などで個人差はありますが、条件が良い場合で手術自体は1本で10~20分程度です。しかし、埋め込む骨の条件が悪い場合などは、骨移植などのテクニックが必要となり、通常より長くかかる場合もあります。
当院では1回の手術で「抜歯と同時のインプラント」を実現し、患者さまの負担をできるかぎり軽減しております。抜歯と同時にインプラントを埋め込むので、骨の吸収も最小限に抑えることができます。
手術後6週間ほどで、インプラントと骨が結合します。その後、歯冠部を作成します。

手術は痛くないですか?

局所麻酔を使用するので大丈夫です。術後の痛みも鎮静剤でコントロールするため、ほとんどありません。
また、手術自体がどうしても不安だという方には「静脈内鎮静法」を用います。手術前に点滴を行い、その後抗不安薬を使うことで手術中の血圧の変動を抑え、患者さまにリラックスして手術をお受けいただけます。この方法だと手術自体を覚えていない患者さまも多く、あっという間に手術が終わったように感じます。このような手法での手術ができるのも、院長が日本歯科麻酔学会認定医の当院ならではです。

合併症などの心配はないですか?

感染症などの可能性はゼロではありません。しかし、適切な診断と手術前からの口腔衛生管理で、そのリスクを抑えることはできます。そのためにも、手術前の歯周病治療やブラッシング指導などが大切なのです。
また、インプラントを成功させるためにも、担当医と患者さまとの信頼関係は不可欠です。当院では手術前のカウンセリングや歯周病治療を通じ、患者さまと一緒に治療計画を立てていくことで、綿密なコミュニケーションをとり、安心して治療を受けていただけるよう心がけています。

アレルギーがあるのですが異物を埋め込んで大丈夫ですか?

インプラントで使われるチタンは、骨折の治療のボルトとしても使われており、人間の骨に馴染みやすい素材です。他の金属と比較してもアレルギーがほとんどなく、現在医療の現場で幅広く使用されています。ご安心ください。