ホーム > インプラント治療について
インプラント治療について IMPLANT

当院のインプラント治療

インプラントの“こわい”トップ3に対応した安心して治療に専念できる環境と情報をご提供します。

患者さまからよく聞かれるインプラント治療への“こわい”は、主に3つあげられます。
まず、“手術を受けるこわさ
そして“イブツ(人工物)をお口の中に設置するこわさ
最後に“手術後、ちゃんと機能するか問題が発生しないか、という不安に対するこわさ
インプラントは、専門知識と実績のある歯科医院で的確に手術を行えば、
決して安全性を欠く治療ではありません。
当院では、患者さんのQOL向上に寄与するインプラントオペを、
恐怖心なく、安心安全に治療を受けていただけるよう体制を整えています。
カウンセリング・セカンドオピニオンも行っております。

インプラントを選択するメリット

歯を失った時の治療にはインプラントの他にもブリッジや義歯といった選択があります。しかし、ブリッジは支えとなる健康な隣の歯を削って金属部分を装着しなければならないし、義歯は噛むたびに顎の骨に衝撃を与え、大切な土台の骨が次第に薄く痩せてきてしまいます。どちらも治療をした段階で、負担がかかって次に失われてしまうであろう歯が出てきてしまうのです。一度バランスが崩れたお口の環境は、残念ながら崩壊の一途を辿らざるを得ません。残った健康な歯に負担をかけることなく失った歯を再現できるインプラント治療は、お口の環境を健康な時の状態に戻せる唯一の方法です。欠損した歯が少ない初期のうちほど費用も安く、その後も長くお口の健康を維持することが可能です。

メッセージ その1のイメージ
メッセージ その1
手術への“こわい”のために

● 患者様に応じた治療プランのご提案

何でもインプラントありきではありません。無理なインプラントを行って、合併症を起こすともあり得ます。
患者様の全身状態、噛み合わせの状態、歯を失ったところの状態などを診査し、患者に応じたインプラントを行うことが安心のインプラント第一歩と考えています。

● 十分な診査、診断

全身状態のスクリーニング、顔と歯のバランス、噛み合わせの状態、残った歯の状態、骨の形態や質などを診査し、どの部位にどのインプラントが最適か検討します。その意味で、事前に最終的な歯の形態の予測やレントゲンによる観察(CTを含めて)が重要です。

● 術前の口腔内の環境改善

当院では、手術の成績には自信をもっています。それを可能にしてるのが、手術前の口腔内の環境改善です。口腔内のケアを患者様に十分ご理解していただき、実践されることは、インプラントの成功に必要不可欠です。
当院では、歯科衛生士のプロが担当で患者様の口腔内環境の改善に協力いたします。

● コンサルテーション

術前の診断、シュミレーション、口腔内の環境改善がうまく行くとインプラントは90パーセント成功したようなものです。ですが、患者様のご理解と、患者様と歯科医師の信頼関係が最後の鍵になります。今の患者様ご自身の状態、義歯やブリッジを選択した場合のメリット、デメリット、インプラントを選択する理由や問題点をご説明します。
それは歯を失った場合、患者様が希望されるような、安くて、保険が効いて、何でも噛めて、一生大丈夫なものはありません。何かを選択していく必要があるからです。
そうすることでインプラントのメリットを最大限に活かすことが患者様にできると考えています。
くれぐれもお金があれば、インプラントをすれば何でも解決するわけでありません。最終的には患者様の理解とご協力と歯科医院との信頼関係が患者様のインプラント治療を成功に導くのです。

● インプラント専門医による手術

日本歯周病学会 指導医・専門医・認定医・認定歯科衛生士 在籍
日本口腔インプラント学会 指導医・専門医・認定歯科衛生士 在籍

インプラントに関しては、日本口腔インプラント学会では専門医制度を設けています。
当院では、厳しい基準を満たした専門医が手術にあたります。

●やっぱり手術自体が恐い方へ
→鎮静法を利用されると楽に手術を受けることができます。

歯科医師との信頼関係ができ、ご納得されるとずいぶん不安もとれると思います。それでもやはり手術自体恐いと感じられる方も多いと思います。そのような方には鎮静法という方法があります。笑気というガスで鎮静させたり、点滴をとり鎮静剤でリラックスさせる方法があります。とくに静脈内鎮静法は、手術自体を覚えていないこともあり、恐怖心の強い患者様には多変満足いただいています。

メッセージ その2のイメージ
メッセージ その2
イブツをお口の中に入れる“こわい”のために

当院では、長年インプラント治療に携わってきた院長のもと、より安全でアレルギー反応の少ないインプラント素材が選ばれています。安いけれど粗悪な素材選択により、後々ダメージが広がらないように、経験に基づくよりよい治療選択がなされます。また、長期的に患者さまの骨の形成や今後、どういった経過をたどるかなども十分に踏まえた上で、長持ちする、最良と思われる治療計画を立てさせていただきます。

インプラント治療の歴史は50年、当院の院長は20年以上の実績があります。長年の経験から、最も安全でより機能的な治療をご提供させていただいております。

メッセージ その3のイメージ
メッセージ その3
手術が終わったあとの不安感“こわい”のために

当院では、インプラントの保証期間を10年と定めております。(※1)

術後に問題が起こったケースは全体の約0.02割となっており、成功率の高さもご安心いただける要素となっています。また、歯科衛生士の知識レベルは平均値よりも高い水準を誇っております。最初のカウンセリングから、手術後のメンテナンスまで、インプラント治療の専門知識を兼ね備えた専任の女性スタッフが担当します。(執刀医は、日本口腔インプラント学会の専門医・指導医を務める医師が担当します。)

患者さまのご要望や、生活習慣、くせ、考え方など、多岐にわたって把握しているスタッフが一貫してサポートをいたしますので、ご安心ください。

(※1)
・ご提示したホームケアを行っていただき、定期的なメンテナンスに通っていただくことが原則です。
・症例によっては上部構造の技工料や材料費等ご負担いただくケースがございます。

インプラント治療の流れ

Step1 精密検査のイメージ
Step1 精密検査

インプラント治療を行う前には、以下の内容について精密に検査を行う必要があります。
■口腔内の菌の状態(歯周病菌)が、手術を行えるレベルであるか
■インプラント体を埋入するのに十分な骨の高さ、幅があるか
■治療後、現在の噛み合わせの力による弊害が出ないか
当院では、歯科用CT等の精密検査が可能になる機材を導入しておりますので、安心してご来院ください。

Step2 初期治療のイメージ
Step2 初期治療

質が高く長持ちするインプラントのためには、口腔内を良好な衛生状態に保つことが必要となります。
そのため、菌の原因である、虫歯や歯周病などの初期治療を行います。
※お急ぎの方には、飲み薬を処方して行う早期治療もございます。

Step3 歯型の作成のイメージ
Step3 歯型の作成

歯茎の状態が落ち着いたら、それぞれの模型(歯型)を作成します。

Step4 2次精密検査のイメージ
Step4 2次精密検査

もう一度、レントゲンとCTを使い、顎の神経までの距離や骨、動脈の位置、顎の形状などを細かく調べます。

Step5 治療計画の確認のイメージ
Step5 治療計画の確認

歯並びや噛み合わせ、お口全体の力のバランスなどを考慮し、インプラント治療のプランを立てます。

Step6 手術のイメージ
Step6 手術

インプラントの埋込み手術を行います。手術は衛生環境に配慮した手術室で行うので安心です。

Step7 人工歯の装着のイメージ
Step7 人工歯の装着

6週間の治癒期間を経て、インプラントと骨が結合したら歯冠部を作ります。技師との連携で調整を重ねながら、お一人おひとりにぴったり合ったものをお作りします。

Step8 治療終了、予防のはじまりのイメージ
Step8 治療終了、予防のはじまり

治療が終わったら、日頃は丁寧なブラッシングを行い、年に最低2回程度、メンテナンスをお受けください。インプラントや歯肉の状態、噛み合せのバランスチェックなどのほか、歯科衛生士によるお手入れを行います。

インプラント治療スケジュール(スタンダードな例)

インプラント治療スケジュールのイメージ